印鑑の種類と使い分け方

大人なら誰もが1つは持っている印鑑、その印鑑には様々なもの、用途ごとに使い分けないといけないということをご存知でしょうか。 印鑑は現在色々な場面で必要とされているので種類も豊富です。そして、個人と会社でもまた使うものが違ってきます。

大まかに分けると、下記のようになります。

<個人で使うもの>

★認印
★銀行印
★実印
★仕事印
★訂正印

<会社で使うもの>

★銀行印
★実印
★角印
★役職印
★割印

このように多くの種類が使い分けて利用されています。

ではこの豊富な印鑑はどのような場面で使われているのでしょう。

まず、個人で使う認印。この印鑑は様々な場面で使えます。文字通り、認めましたという印をつけるものです。書類を見た後、契約する時などに使えます。

銀行印とは主に銀行で使います。

実印、これはお住まいの市区町村役場での手続きをして、そこで受理された印鑑のことをいいます。財産などを守ってくれる大切な印鑑です。紛失すると大変なので大切に保管しておきましょう。

角印、主に会社名をいれた印鑑になり、法人用の認印の事です。領収書や契約書などに使えます。

役職印、これは、役職名が入った印鑑になります。社内文書など様々な場面で使えます。

この他、落款印(らっかんいん)や蔵書印(ぞうしょいん)という趣味で使うようなものもあります。 値段も様々であり、大事な印鑑ほどかける金額を他のものより増やし、材質がしっかりとしたものを作ると良いでしょう。