印鑑のケースは大事。印鑑をなくさないために。

印鑑の種類は多くて、とても貴重な大切なものです。回覧板に「見ました」と押すはんこなら、安物を使っていますが、実印や銀行印となると、なくすと大変。大事にしまいすぎて、いざ使うときになって、どこにしまったか忘れていることが多いものです。使うたびに、別の場所に大事にしまうようなクセがあるので、いつも印鑑をなくさないことに、とても気を使ってきました。

やっとたどりついたのは、印鑑のケースです。ケースをしっかりしたものにしておくと、安易になくしたり、どこにしまったのか忘れてしまうことが、ほとんどないようになりました。

いい加減なケースにいれないということです。印鑑ケースも安売りショップなどにもありますが、大事なものにふさわしいとは思えません。ちょっぴり高くても、しっかりとした印鑑に適したケースが大事です。

長さや太さがぴったりで、朱肉ケースのついたものが、ちょうどいいと思います。ケースを手に持った感触が、きちんとしていると感じます。軽すぎたり、プラスチックケースのようなツルリとしたものも、案外、落ち着きません。ほとほどの重さがあり、ちょっとした衝撃にも壊れたりしないものが安心感があっていいものです。

しまうときも、他の文具類とは違うので、大事なものだという意識がついてまわり、うっかり忘れてしまうことはなくなりました。重宝しています。長く持ち続けることにもなるので、よけいに大事にする習慣もついたと思っています。